マーシーの生活充実度を
UPさせる最新スマホ
「OPPO Reno7 A」。
この先長く付き合える
相棒となるか!?

マーシーことモデルの三浦理志さん。趣味は野菜作り、料理、サーフィンと、オーシャンズを体現するライフスタイルを送る人物だ。

そんなマーシーさんが気になっているスマホがオッポの「OPPO Reno7 A」だ。使ってみると薄型&軽量、大容量バッテリーでカメラ機能も充実。

実際どんなふうに「OPPO Reno7 A」を使っているのか。そしてこのスマホがマーシーさんの暮らしと考え方にどんな影響を与えているのか。マーシーさんに密着して、その答えを探ってみようと思う。

バッテリーが長持ちするから
遊びに集中できる、
余暇が満たされる

「今はタマネギとニンニク、カブが採れるよ。葉ものもそろそろいけると思う」。

この時季、畑では何が収穫できるのか。事前に聞いてみるとマーシーさんはこう即答して、すぐにタマネギの写真を送ってくれた。

マーシーさんの畑で採れたタマネギ(三浦理志さん撮影)。

こなれた受け答えはもはや農家のそれ。2010年に畑を借りて以来継続して“NORF”(編集部注:ノーフ。畑仕事のこと)のキャリアを重ねてきたから、当然といえば当然だ。

「先輩のお父さんが野菜作りをやめることになって。“畑が空いてるけど興味ある?”って聞かれたんです。もともと料理が好きだったし、“もう野菜買わなくていいじゃん”と思って(笑)」。

四季折々の野菜を育て、収穫し、味わう。まさに地産地消である。

ニンニクの根や芽はその場で切り落としてしまう。

「もうずいぶん慣れたけど、畑仕事はやっぱり時間がかかるよね」。

畝を切る。芽が出たら間引く。肥料を施す。暑さが苦手で虫のつきやすい葉野菜は寒冷紗(遮光用の薄い布)もかけなければ。やることはいくらでもあるのだ。

これから暑くなり虫も多くなる季節。葉ものは寒冷紗で保護する。

「野菜作りは近所のおじいちゃんに話を聞いたり、本を読んだりして少しずつ覚えていった。12年やって作業はこなれてきたけど、畑仕事は基本的にはきついよ。暑いし、痒いし、寒いし(笑)。自然には逆らえない。でもそこが飽きないし、面白いところなんだよね」。

この日採れたカブとともに「OPPO Reno7 A」で自撮り(三浦理志さん撮影)。

何より無農薬で育てた野菜の味は格別だ。スーパーに並んでいる野菜よりも味が濃く、日持ちもするという。マーシーさんいわく「力強い味」。

「ただ畑仕事に限らないんだけど、趣味に没頭しているときってついスマホの充電を忘れちゃう。気づいたら電池残量がないっていう」。

マーシーさんの地元は神奈川県藤沢市。いつもの駐車場でサーフィンの準備。

「OPPO Reno7 A」を使っているときは電池残量の心配がぐっと減ったそう。そのぶん作業にも遊びにも集中できて、プライベートの時間がより満たされるというわけだ。

「波乗りしているときに充電の心配が頭をよぎったら、楽しくないじゃん(笑)。存在を忘れることができるっていうのも、いいスマホの条件なのかしれないね」。

「OPPO Reno7 A」は指紋や汚れがつきにくいうえ、防水・防塵機能にも優れている。

頼れるけど出しゃばらない。それって相棒として、最高のスペックではないだろうか。マーシーさんのライフスタイルに「OPPO Reno7 A」が合う理由が、少しずつ見えてきた気がする。

大容量バッテリーなのに
薄くて軽いから
“手ぶら派”のマーシーもストレスフリー

マーシーさんはおおむね手ぶらである。地元の藤沢にいるときはもちろん、仕事で東京に行くときも然り。ちなみに旅に出るときの荷物もかなり少ないほうだとか。

「あれこれ持つのが面倒で。いつも身軽にテキパキ動きたい。のんびりした性格に見られることが多いんだけど、実はせっかちです」。

そんなマーシーさんにとって、「OPPO Reno7 A」の薄さと軽さはお気に入りポイントのひとつ。デニムのポケットに入れても違和感がないのがうれしいという。

「OPPO Reno7 A」は従来機種に比べ約0.6㎜薄く、約7gの軽量化を実現。ポケットにすっぽりと収まる。

「使いたいときにすぐ使いたいからね。メッセージを返すのもランチを調べるのも今すぐやる派。電波が悪かったりすると結構イライラしちゃう。せっかちだから(笑)。あと、スマホって意外に人に見られてると思わない? このスマートなデザインときれいな色も、お気に入りポイントだね」。

SNSに写真を投稿したり、サーフィン動画を視聴したり、料理のレシピを調べたり。スマホはマーシーさんにとって欠くべからざる生活ツールとなっている。

「OPPO Reno7 A」の横幅は74㎜。片手で持ちやすいので料理中の撮影やレシピの検索もストレスなし。

ただ、これまでは同じスマホを長い期間を使っていると、動作が遅くなることがあった。その点も「OPPO Reno7 A」なら安心だ。システム劣化防止機能、メモリ拡張機能を備え、いつまでも快適な操作感が長く続くのがありがたい。

「実はアンドロイドのスマホは初めてなんだけど、ほとんど違和感はないです。むしろ薄さ、軽さ、速さという点で、自分のリズムにすごく合っていると思う」。

「サイズはコンパクトだけど、ディスプレイが大きいからすごく見やすい」とマーシーさん。

遊びも仕事もストレスフリー。そんなライフスタイル実現のために「OPPO Reno7 A」が果たす役割は決して小さくないのである。

優秀なレンズと美しいディスプレイで
コミュニケーションも思い出も進化する

「料理は小学生のときからやってるから、まあキャリアは長いね。母親の手伝いから始まって、高校のときは地元のとんかつ屋さんでアルバイトして。26歳から2年間ニュージーランドにいたときは、叔父の和食店でみっちり働いてたよ」。

採れたてのカブを使う。ちなみにニンニクもマーシーさんの畑のもの。

オーシャンズでも2015年から料理連載「ミウラメシ」を担当。その連載をまとめた『SURF & NORF COOKBOOK』を昨年1月に上梓している。

「料理本を出すのが夢だったから。おかげさまで仕事にもつながっていて、テレビ出演や調理器具のアンバサダーなんかもやらせてもらってます」。

マーシーさんのインスタグラムをチェックしてもらえばわかるが、料理写真のポストはかなりの頻度、かなりの量である。

マーシーさんの新作料理「ステーキ&チーズパイ」(三浦理志さん撮影)。

「インスタに上げるときは“見てよ〜”ってテンションなんだけど、実は仕事で料理写真を撮ることも多いんです。特に試作のとき。“こんな手順で、こんな見た目です”って、相手に送らなきゃいけない。見えないところでも写真は撮ってますよ(笑)」。

秀逸かつ多才な「OPPO Reno7 A」のカメラ機能。AIによりお気に入りの色調で仕上げてくれる。

「OPPO Reno7 A」の特長のひとつが多才なカメラ機能。AIによる色補正、夜景フィルター、マクロ撮影。手軽にきれいな写真が撮れるから、コミュニケーションが楽しくなる。思い出もよりいい形で残すことができるというわけだ。

「写真はもちろん、動画も変わった機能が付いていて楽しい。しかも直感で操作できるから使いやすいんだよね」。

自分と相手を同時に映すことができる「アウト/イン同時動画撮影」。

畑で収穫したカブとニンニクを使ってペペロンチーノを作る。野菜とベーコンに火を通し、パスタが茹で上がったらざっと合わせる。所要時間わずか10分。コツは、茹でる湯にしっかり塩を利かせておくことだとか。

「パスタの奥までしっかり塩味がつくから、深みが出ると思う。時間をかける料理も好きだけど、普段のメシは早くてうまいのがいいよね」。

カブのペペロンチーノ。さすがの出来栄えである(三浦理志さん撮影)。

そして料理と同じように、マーシーさんの生活と切り離せないのがサーフィンだ。15歳のときからずっと波に乗っている。

波の様子をチェックしてサーフィン仲間と共有。「普段からのコミュニケーションが大事。いい波がきたときに向こうも教えてくれるからね(笑)」。

「ひと言で言えば“今の自分を作ってくれたもの”。友人、仕事、心の持ちよう。いろんなことをサーフィンから教わったと思う」。

サーフィンに飽きたことは一度もない。今も新鮮な喜びを与えてくれるのだそうだ。

「波のコンディションがいいとき。サンセットを見ながら海に入る瞬間。海外でのサーフトリップ。いくつになっても“ああ、いいなあ”って思うよ」。

「OPPO Reno7 A」なら夕暮れのシーンもきれいに撮影できる(三浦理志さん撮影)。

地元でも海外でも、サーフィンをするときにマーシーさんが心掛けていることがひとつある。それは海から上がるときに、落ちているゴミをひとつ拾うこと。

マーシーさんは「ビーチをきれいにしよう」「地球環境を考えよう」と口にすることはない。なぜかと聞けば「何となくクセになっちゃって」としか答えない。でもゴミを拾う理由は、言葉にせずとも誰もが理解できるだろう。

地元・藤沢のビーチ。ここからマーシーさんのサーフィンライフが始まった(三浦理志さん撮影)。

野菜作り、料理、サーフィン。好きなことに夢中になり、その好きなこととより良い関係を築いていこうと、自然体で向き合う。それがマーシーさんの価値観。

使い捨てではなく、長く大切に付き合っていくこと。その考え方はシンプルに環境にもいいはずだ。「OPPO Reno7 A」のコンセプトは“ときめき、長持ち。”。環境を意識して、ユーザーと長く付き合っていけるように設計されている。そう、まさにマーシーさんの価値観と共鳴するスマホなのである。

山本 大=撮影 伊藤良輔=スタイリング 竹井 温(&’s management)=ヘアメイク 加瀬友重=編集・文