SHARE

FanXiaoyuDesign Director

唯一無二の
デザインを

スマートフォンは工業製品ではなくて芸術作品。
私たちOPPOが目指すデザインは
先端テクノロジーと究極の美しさを兼ね備え、
ユーザーを美の世界に引き込むものでなければなりません。

技術と芸術の融合

色鮮やかなグラデーション。
光を美しく反射するクリスタルデザイン。
スポーツカーのような滑らかなライン。
研ぎ澄まされたダイアモンドのようなフォルム。

ユーザーを美の世界に引き込むためのデザインについてOPPOは徹底的にこだわってきました。

完璧な自然美を体現するデザインフォルム

たとえば、フラッグシップ機Find Xのリアデュアルカメラがもたらしたレンズスクリーン。
そこでデザインディレクターの范曉宇が目指したのは、「自然の美」というテーマでした。

リアデュアルカメラの開閉における静と動、開と閉、虚と実。矛盾とも思えるこれらのファクターが共存する瞬間がある、

それはスローモーションで見ると心地よい流れで、
互いに助け合い調和するのだ、と范は言います。

グラデーション上に広がる光の世界

大きくて平らな鏡の上の光を思わせるAX7、霧の中の魔法のような光のR17 Pro。
製品を手にとったユーザーに、幻想的な空間に広がる光の世界を感じて欲しいと范は言います。

「その秘訣は、数百、数千ものカラーテスティングと独自のグラデーション技術」

新たな世界の開拓のために、色彩の最適解を求める日々は続きます。

手放せなくなる自然な手触り

范が製品に求め続けているのは、思わず触りたくなる、そして一度触れたら手放せなくなる、そんな質感です。

そのために製品の素材選びには異常なほど神経を使います。
R17proの表面に採用された素材はそれまで常識外とされたガラス。
立体的な曲面デザインを実現するとともに、シルクのような手触りと、指紋の付着も気にならないマットな質感をもたらしました。

「大切なのは、インスピレーションに最大限の注意を払って創造すること。そして挫折や失敗から学ぶこと。この2つを継続することでしか新しいものは生まれません」

より美しく、より優れたデザインを追求する范の挑戦はこれからも続いていきます。

PROFILE

范晓宇

-Fan Xiaoyu-

デザインディレクター

2004年にOPPO入社。
これまで数多くのMP3プレーヤー、フィーチャーフォンのデザイン設計を担当した後、スマートフォン事業においてデザインディレクターへ。彼の指揮の下、Find X、Find 5や世界で最も売れているR7、R9シリーズ、R15などOPPOを代表する多くのスマートフォンを生み出してきました。OPPOのDNAである「美」の責任者として日々探求を続けています。